娘の結婚相手が年上や年下の場合

娘の結婚相手がかなり年上の場合、その時点での経済力に問題はないでしょう。
しかし、場合によっては子供に一番お金がかかる時期に定年を迎えることもあるかもしれません。
子供が成人するまで経済的な安定を望めるかどうかが重要になってきます。
親としてはその辺をどうするか確認するようにしましょう。
では、年下の場合はどうでしょうか。
若すぎる場合は、やはり経済力が気になります。
娘が働いていたとしても、いずれ出産や育児で休職や退職をしなくてはいけなくなるでしょう。
きちんと考えがあるのか聞かなくてはいけません。
また、経済的な安定をはかるよう、アドバイスしてあげるのも親の務めと言えるでしょう。
年上にしろ年下にしろ、大きく離れていると親は色々心配になります。
つい、感情的になって反対してしまうこともあるでしょう。
それでは何も解決しないです。
まずは、二人の考えをしっかり聞くようにしましょう。
覚悟があるかどうか見極めることです。

結婚の魅力を知って人生を充実させましょう

人生を充実するための方法はいろいろあります。
友人知人に恵まれていることや、ビジネスで成功を収めていくこと、経済的な充実も幸福のひとつと言えるかもしれません。
しかし、世界中で古くから共通認識のもとに幸福と定義されているものは、結婚です。
異性のパートナーとともに人生を歩む契約を交わし、楽しいことも苦しいことも一緒に味わっていこうという歩みは、幸せの第一歩と言っても過言ではないでしょう。
社会を生きる以上、どなたにとっても色々なことがあります。
苦しいことも多々あります。
その苦しさは一人で受け止めるのではなく、共に歩むことを決めたパートナーと共に受け止めることにより、その苦しみは半減します。
人間はいつの時代も色々なことがありますから、結婚はその世の中を生きる人類の知恵と言っても良いでしょう。
時代や国が違えど、結婚を望む方が多い理由は、人間の根本的な欲求や幸福感につながるからと言っても過言ではありません。

最新記事